• 美術館に行こう!!

    2021年6月21日

    リニューアルされた京都市京セラ美術館へ

     

    京都市京セラ美術館へは初めて行かれる方もあれば、もう何度も行かれている方、

    いやリニューアルされてからまだ一度も行ってないわ、とおっしゃる方もおられます。

     

    何度か足を運ばれてよく知っておられる方にはなんでもないことですが、

    私のお弟子さん、じつに高齢の方が多くて、先日も

    「お友だちを誘って水明書展に行きたいんだけど足がお悪いので、車椅子は借りられますか?」というお問い合わせが

     

    はいもちろん車椅子は借りられるはずです。けど、ちょっとまって! いったいどこで借りたらいいんやろ?

    昨日審査会の帰りに「日中書画合同展」によせてもらいましたので、そのあたりを美術館で取材してきました。

     

    まず、

    美術館への入り口は一箇所だけ

    昔の入り口の真下、美術館の西の地下一階にあります。

    出口は地下のショップの奥(北西)にもエレベーターがあって地上に出られます。

     

     

     

    入り口には、なだらかなスロープを下って行きます。

    外はすごくモダンで開けた空間になっていますが、入り口が狭い印象

    でも消毒や自動で検温が行われるのでこれはしかたありません。

    中へ入るとまた明るく大きな空間が。向かって右にはカフェ、左にはショップがあります。

     

    水明書展の会場は2階

    そして、足に自信がある方は入り口正面から奥へ、大きな階段で1階へ

    そこからは

    以前のままの階段か、新しいらせん階段で水明展会場のある2階へ

     

    しかしちょっと階段は辛いなあと言う方は

    入り口を入って左手の企画展(今は古代エジプト展)のチケット売り場の奥がエレベーターです。

     

     

    写真の右が1階への大階段。

    写真の左のエレベーターはこの大きな柱で非常に分かりづらい位置になっています。

    それに案内表示がどうもモダンすぎて(^_^;

    この裏がエレベーター

     

     

    さて、問題の車椅子ですが、借りられる場所は地下と1階の二箇所にありますが

    地下の入口を入ってすぐに借りるなら

    先ほどのエレベーターとは反対側、つまり入り口を入って右手のコレクションルームチケットの販売カウンターのところで申し込めばいいらしいです。

    こちらのカウンターが閉まっている場合などは

    1階の中央ホールのインフォメーションカウンターでも借りられます。

     

     

     

    ようねん〜中高生の青少年部、そして幅広い世代の一般部が一堂に集まって開催される「2021年度水明書展

    密は避けるのはもちろんですが、ご家族の方々やお友だちにも「美術館に行ってね」と

    アナウンスしてくださいね。平日は比較的 空いています。

     

    水明書展は、

      6月24日(木)〜27日(日)

      京都市京セラ美術館本館(岡崎公園内)

     

     

    それと今回あちこちで、美術館のスタッフの方々に何度もお尋ねいたしました。

    みなさん、本当に丁寧に対応して下さいました。ありがとうございました。

    広報担当・堀 翠恵

     

    #水明書展  #京都市京セラ美術館  #車椅子

    展覧会準備、着々と

    2021年6月20日

    さて、いよいよ水明書展が目前です。

    搬入・陳列、会場管理、褒賞そして一般部審査等々、それぞれの係の展覧会準備が着々と進められています。

     

    今日の水明会館では青少年展の審査が行われました。

     

    コロナ対策のため、あちらもこちらも全開、そして審査会場には空気清浄機も投入されていました。

     

    感染対策に気を遣いながら、それぞれ自分の仕事を着実にこなしています!

     

    2年ぶりの水明書展、そして5年ぶりの京都市京セラ美術館での開催です。

    ようやく開催できる喜びが、審査員や運営役員の一人ひとりに感じられる今日の水明会館でした。

     

     

    水明書展は、

      6月24日(木)〜27日(日)

      京都市京セラ美術館本館(岡崎公園内)

     

    広報担当 堀 翠恵

    さあ、水明書展!!

    2021年5月29日

    こんにちは

    コロナ感染者数が微減ながらも予断をゆるさず、緊急事態宣言がまたまた延長されました。

    飲食店の営業自粛や公共施設の休業など、こちら京都市内でも重苦しい雰囲気が続いています。

    水明書道会の目下の懸案事項は「水明書展」が開催できるかということです。

    昨年は開催できなかった書展です。今年こそは是が非でも開催したいという強い思いが三浦理事長にもあって

    その方策を探るべく何度も三役会を持たれているらしいです。

    私自身も教室の生徒さんに出品の指導をしながらも、開催できるのか、それが一番気にかかることでした。

    毎日のように公共施設の動向、とくに美術館の動向をリサーチしていましたら

    昨夜京都市京セラ美術館のホームページで「開館のお知らせ(6/1〜)」が!

     

     

     

     

    とにかく美術館が開館してくれる! 少し明るいニュースです。

    不安な中でもそれぞれの係の実行役員達は着々と準備を進めています。

     

    さあ、水明書展!!

    ただし緊急事態宣言下での準備です。慎重のうえにも慎重に

    そして美術館同様、水明書道会も、準備中はもちろん会期中も万全の完全防止対策を施さないといけません。

     

     

    無事に「水明書展」が開催できますように、そしてコロナが収束に向かいますように・・・

     

    広報担当  堀 翠恵

    毎月の競書

    2021年5月24日

    久しぶりの投稿になってしまいました。

    コロナ禍の日々、お元気でお過ごしですか?

    緊急事態宣言が延長されたりワクチン接種の予約が

    うまくいかなかったり、ストレスが溜まる日々ですが

    家の中にいてできる書道があって本当に良かったと感じます。

     

    さて毎月の競書、締切までに習っている先生に提出、水明事務所に郵送や持参、

    また、古梅園、賛交社のお店に持参するという方もおられると思います。

    水明では、色んな役割を分担してしているのですが

    競書搬入という役割もあります。

    〆切の次の日に古梅園、賛交社で預かっていただいていた競書の作品と

    出品費用などを確認して受け取り、水明事務所まで運ぶのです。

     

     

     

    大きな袋にいっぱい入っています。

    この日は雨! 作品を濡らさないようにと気を遣いました。

    「運ぶだけ、簡単やん」と思われるかもしれませんが、

    大事な作品を扱うので責任を感じます。今年度から2人体制で回収日を

    分担するようになったのですが、これまでの先生方はお1人でされてきました。

    回収忘れは審査ができなくなるのであってはならない事、本当によく勤めてこられたと

    これまでされてきた先輩方に頭が下がります。

    さて、集まった競書作品は

    『作品整理』係の先生たちが、審査がしやすいように、学年別、課題別、段級別に

    仕分けをします。『作品整理』は3班にわかれていて3ヶ月に1度当番が来ます。

    今は、密にならないように特に気を付け2階3階とわかれ、また事務所当番の先生も

    届いた作品を開封、仕分けを手伝って下さっています。

    ここで課題違いや段級間違いも,しっかりチェックしていただいているので

    審査がスムーズにいくのです。

    いよいよ『審査』です。これも3班に分かれて同じく3カ月に1度当番審査がまわってきます。

    コロナ感染防止の為に、当番審査の先生方も前半、後半と分かれて

    密にならぬよう、担当の課題を審査していきます。

    このように、皆さんが書かれた作品は、大事に思って水明誌につながれていきます。

    水明誌が発行されるまでには、

    この後、編集、印刷、校正など、印刷屋さんとのやり取りがあり、次月号発行となります。

    水明誌がより広がりますように、多くの方が競書にもチャレンジしていただくことを

    楽しみにしています。

    広報担当 山根青坡

    笑顔になるハガキがいっぱい

    2021年2月28日

    水明会館に展示されている《こども年賀状フェスティバル》ご覧になられましたか?

    幼児から高校生までが送ってくれた年賀状が、水明会館玄関をあけると、目に飛び込んできます。

    幼児さんがはじめて字を書いたんだろうなと思うかわいい一生懸命な字、絵の具や消しゴムはんこを使ったカラフルな作品、しっかりした文字で力強く今年の目標が書かれた作品…

    どの作品をみても素直で伸びやかな子どもたちの感性があふれていて、思わず笑みがこぼれて心がほんわかしてきます。

    今年は245点もの作品が集まりました。この企画に賛同して下さった支部の先生方、親御さんのご協力のお蔭と感謝しています。

    HP内でもこども年賀状は公開していますが、水明会館にお越しの際はぜひご覧になって下さいね。

    広報担当 山根 青坡

月刊書道「水明」

解説付きで自分で学べる月刊書道「水明」の、バックナンバーを無料で進呈いたします。

月刊書道「水明」について

競書作品紹介

新規水明会員募集中

会員特典

  • 月刊書道「水明」を毎月無料送付
  • 水明書展への出品料割引
  • 各種事業への参加費割引
  • 書道用品業者での購入割引

年間会費 11,000円 会計年度は12月~11月まで

入会へのお問い合わせ